終活セミナーでは遺品整理や葬儀内容などこんなことが講演される!

終活」とは、今までの人生を振り返りながら、残りの人生や人生の締めくくりをどういうものにしたいか、葬儀はどんなものにするかなどを決めておき、今をよりよく生きようとする前向きの活動です。

ひと昔前までは、縁起でもないと嫌がられた言葉ですが、2012年の流行語大賞に選ばれ、現在では認知された言葉となっています。

終活の内容は様々で、何から始めればいいのかわからないという方も多くいるようです。

そんな方々が検討するのが終活セミナーです。

その終活セミナーでは、「終活とはどんな活動をするのか」、「どのように終活を進めればよいのか」を学ぶことができます。

そこで今回は、終活セミナーではどんなことが講演されるのか詳しくご紹介を致します。

終活セミナーでは遺品整理や葬儀内容などこんなことが講演される!

終活セミナーではこんなことが講演される

終活セミナーでは、以下の内容が語られるのが一般的です。

 終活の進め方
 葬儀内容
 遺品整理
 墓選び・供養
などです。

これらの内容を受講することで、終活とはなにか、どのように進めればよいのかを理解することできます。

セミナーの中には、遺影の写真撮影会や棺の中に実際に入る体験会まであり、暗いイメージのセミナーではなく、楽しく受けられるセミナーになっています。

まず、セミナーの冒頭では、終活全般についての講演があります。

ここで、終活とは何か、何をすべきなのか、注意点にいたるまで幅広い知識を身に付けることができます。

これから「終活を始めよう」・「終活は漠然と分かっているが進め方が分からない」って方にオススメの講義です。

エンディングノートの書き方や、葬儀の決め方・費用・遺産管理の仕方まで教えてもらえます。

団体やセミナーのテーマによって語られる内容が変わってきますが、葬儀についても詳しく教えてもらえます。

当然、葬儀はご自身が無くなられた後での儀式になりますので、残された家族・親類に迷惑をかけたくないという方が多くおられるようで関心が高い内容です。

事実、国民生活センターには、2018年に576件もの葬儀サービスに関して相談がありました。

国民生活センターには、2018年に576件もの葬儀サービスに関して相談がありました

終活セミナーでは、葬儀全般について聞くことができるので、終活をされる本人だけではなく、喪主になる予定の方にもおすすめです。

注目は、最近の葬儀形式です。

というのも、最近は一般的な葬儀から、家族葬や直葬・無宗教葬・散骨など様々な葬儀が増えているから関心が高いようです。

また、今後お墓を維持する家族・親類が少なくなるということからも、お墓の在り方を検討されている方も少なくありません。

ご自身の合った葬儀をセミナーを受けることで検討する良いきっかけにもなります。

次に関心が高いのが身辺整理や遺品整理です。

亡くなられた後の有価証券や財産・家屋の相続・大事にしていたものなど、何を誰に渡して欲しいなどご要望もあるかと思います。

終活センミーを受けることで、これらの遺品整理についての進め方を方法を聞くことができます。

ご自身の資産を把握する良いきっかけにもなりますので、終活セミナーにも足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

 

独身者が始める終活はこちらをご覧ください

 

 

独身者が始める終活|進め方・身辺整理・葬儀をご紹介

女性の7人に1人、男性の4人に1人が生涯独身で過ごす時代です。頼れる親族がいれば良いですが、居ない方は健康でなくなった時のための老後の準備をしておかなければ最悪は路頭に迷うこともあります。

実は、独身の方の終活は、家族が居る方より大変ってことをご存知でしょうか。
配偶者や子供がいれば介護や病気の世話をしてくれたり、葬儀やお墓の手配をしてくれたりしますが、独身の方はそうもいきません。

1人ぐらしのため誰にも気づかれずに死んでいく独身の方も昨今少なくありません。日本では孤独死をする方が年々増えているのが実情なんです(^^;

そこで、独身者が始める終活の進め方をまとめましたのでご覧ください。
独身者が始める終活|進め方・身辺整理・葬儀をご紹介

独身者の終活の進め方

生涯独身で過ごす女性や男性が増える昨今、心配されるポイントとして「孤独死」のリスクが挙げられます。

万が一、親類縁者がいない方や、親戚と疎遠な方が孤独死してしまった場合は行政がお葬式の手配をしてくれます。

ですが、行政が行う送葬は、直接、火葬され公営の共同墓に納められます。ですので、葬儀はされないただ火葬されるだけなんです(^^;

法律上は24時間以内に火葬することができないので、24時間どこかに安置された後火葬されることとなります。

このような終焉を迎えたくない方は、生前から葬儀社と相談したり、お墓を準備したりして終活をしましょう。

終活は残された人生をより良く生きるための活動です。葬儀やお墓のことだけではなく、身辺整理や老後の介護なども考えておく必要があります。

身辺整理では、使わなくなった電気製品や着なくなった衣類の整理・家具などから土地や家などの財産にいたるまで整理を行っていきます。

家族や親類が複数人いると法律にしたがった分割手続きなども必要となってきますが独身者の方はその必要がありません。ですが、亡くなったあとそれらの財産をどうするかを考えておかなければなりません。

法定相続人がいない場合は、家庭裁判所が相続財産管理人を選定し、管理人が官報で相続人捜索の広告をすることになります。

広告をしてから一定期間経過しても相続人が現れなかった場合は「相続人の不存在」が確定し、故人が生前深くかかわった方に遺産分与することになります。

それでも残った財産は最終的には国のものになりってしまいます。

ですので、独身者の方でも遺言書を残しておくことをオススメ致します。

生前お世話になった方や介護をしてもらった方に財産を分けることができるんです。

ちなみに、法律で定められた遺言の方式としては,「自筆証書遺言」・「秘密証書遺言」・「公正証書遺言」などがあります。

自筆証書遺言は、民法968条1項でこのように定められています。

第968条 自筆証書によって遺言をするには、遺言者が、その全文、日付及び氏名を自書し、これに印を押さなければならない。
2 自筆証書中の加除その他の変更は、遺言者が、その場所を指示し、これを変更した旨を付記して特にこれに署名し、かつ、その変更の場所に印を押さなければ、その効力を生じない。

ですので、遺言者が自筆で遺言書の全文を作成すること、遺言者が作成した遺言書に作成日付と遺言者の氏名を自書すること、遺言書に遺言者が押印することが必要になります。

秘密証書遺言は、民法970条1項でこのように定められています。

第970条 秘密証書によって遺言をするには、次に掲げる方式に従わなければならない。
一 遺言者が、その証書に署名し、印を押すこと。
二 遺言者が、その証書を封じ、証書に用いた印章をもってこれに封印すること。
三 遺言者が、公証人一人及び証人二人以上の前に封書を提出して、自己の遺言書である旨並びにその筆者の氏名及び住所を申述すること。
四 公証人が、その証書を提出した日付及び遺言者の申述を封紙に記載した後、遺言者及び証人とともにこれに署名し、印を押すこと。
2 968条第2項の規定は、秘密証書による遺言について準用する。

[参照条文]
(自筆証書遺言)
第968条2項 自筆証書中の加除その他の変更は、遺言者が、その場所を指示し、これを変更した旨を付記して特にこれに署名し、かつ、その変更の場所に印を押さなければ、その効力を生じない。

また、公正証書遺言は、民法969条でこのように定められています。

第969条 公正証書によって遺言をするには、次に掲げる方式に従わなければならない。
一 証人二人以上の立会いがあること。
二 遺言者が遺言の趣旨を公証人に口授すること。
三 公証人が、遺言者の口述を筆記し、これを遺言者及び証人に読み聞かせ、又は閲覧させること。
四 遺言者及び証人が、筆記の正確なことを承認した後、各自これに署名し、印を押すこと。ただし、遺言者が署名することができない場合は、公証人がその事由を付記して、署名に代えることができる。
五 公証人が、その証書は前各号に掲げる方式に従って作ったものである旨を付記して、これに署名し、印を押すこと。

独身者の終活には、これらの財産に関わることだけではなく、身辺整理もあります。

使わなくなった電気製品や着なくなった衣類の整理・家具などから土地や家などの財産にいたるまで整理を行っていきます。

身体が自由に動いて、精神も健康なうちにそれらを処分したりして少なくしておきましょう。

また、老後の住まいや介護などもどうすのかも準備しておく必要があります。

 

そのほかにも終活について詳しい情報はこちら